マイホームの売却計画を立てる

【営業時間】平日10:00~17:00 【定休日】土・日・祝日

2020年08月28日

マイホームの売却計画を立てる

石岡市の不動産会社、キャピタルトラストの安達航です。

マイホームを売却する目的は何でしょうか。

売却の目的、理由によって売却の条件が変わってくるはずです。
まずは、売却の目的を自分の中で確認して、しっかりと整理することが第一歩となります。


マイホームを売却しようとしている理由は何でしょうか?
買い替えのため、資産整理のため、相続発生のため、その他いろいろな理由があると思います。買い替えであれば次の物件の購入資金に充当すること、相続であれば財産の分配等が目的になり、売却代金や売却期限に制限がかかってくるので契約条件に影響を与えます。

問題点を整理する・買い替えの場合

新しく購入する物件の資金計画で売却資金から充当する予定金額や借入金額、売却と購入にかかる仲介手数料、その他諸経費などの綿密な計算はできていますか。
最低売却価格を決まっていますか?


「買い先行」はとても危険です。
新しい住まいを先に購入してしまうと大変危険です。今の住まいが予定通りに希望金額で期限内に売れる保証はありません。今の住まいが売却できてから次の住まいを購入するのが安全な方法となります。(売り先行)

基本的には、売り先行で買い替え計画を立てるべきでしょう。
どうしても購入を先行して契約するときは、売り物件が予定期限内に予定金額で契約できないときに契約を解除できる「買換特約」をつけてもらえるか確認しましょう。

ページの先頭へ