株式会社キャピタルトラスト
9:00~18:00
無休
2020年08月05日
ブログ

コンクリート基礎に細いクラックだけで地震保険金がもらえた!!驚きの金額を公開!!

石岡市の不動産会社、キャピタルトラストの安達航です。

最近、地震が多いですよね。
私も自宅などに火災保険とセットで地震保険を付けていますが、全国の加入割合は
約7割を超えたぐらいのようです。たいていの方は地震保険に加入していると思います。


今日のお話は我が家が地震の調査を受けて、
どれくらいの保険金を受け取ったのか!?についてご説明します。


地震保険に加入されて、概ね震度4や5以上のときには、素人には気が付かない被害の場合でも保険会社に連絡して査定される事をおススメします。


ヘアークラック(下記の写真参照ください。)という細い線のようなものでも
地震保険の対応が可能です。


なぜ、今回この地震保険を題材にしたかというと、売却のお手伝いをするときに、基礎にヘアークラックが複数あるにもかかわらず、保険請求していない方が多かったからです。特に木造戸建住宅が多いのでブログに掲載したいと思います。







地震保険(建物)で重視される項目は?

我が家は、在来軸組工法です。
地震保険(建物)で重視される項目は…下記の4点!!

●柱
●基礎
●屋根
●外壁


この4点がどれだけ損害を受けているのかチェックされ、
以下に当てはまった場合、保険金が出るようです。



●全壊→地震保険金額の全額
●大半損→地震保険金額の60%
●小半損→地震保険金額の30%
●一部損→地震保険金額の5%



基礎のヒビ割れが地震による損害としてカウントされるのは、木造建築のみです。

基礎のひび割れ(ヘアークラック)で75万円。

我が家はたまたま外壁で写真のようなクラックが複数見つかりました。


保険会社に地震保険の審査を依頼したところ、5%の一部損が認定されました。
そこで、地震保険で一部損になるかどうかは、被害が
「主要構造部の損害額が、時価額の3%以上」になれば保険金額の5%が支払われます。


ということで、今回は建物の基礎だけの申請でしたが地震保険金として750,000円が
支払われる事になりました。


基礎の損害認定は、外周布コンクリートの長さに対して何メートル損傷を受けたかで計算されるようです。基礎の損傷は、簡易計算で算出した外周布コンクリートの5%以上損傷があれば一部損以上となる。


そして、クラックは、1か所の損傷で1mとカウントとなるようです。
但し1m以内に2か所以上の損傷があっても1mとカウントとするみたいです。
写真のクラックは1mの長さはないが、1mとして計算されました。


当社では居住用のアパートや戸建ても地震保険の請求をしましたが、
どの物件も基礎にひび割れがあり、地震保険の請求をしております。


木造住宅の場合には、コンクリート基礎を確認いただき、保険請求をしてみてください。受給できる権利はしっかりと請求しましょう!!!


3年を過ぎると時効。請求には期限があります。

地震保険の保険金の請求には期限があります。

この請求期限は保険法で3年と定められており、3年を過ぎると時効となります。

自分が加入している保険会社に確認するか、地震による被害などがあった場合は、すぐに保険会社に連絡しておくことをおすすめします。

この記事を書いた人
安達 航  アダチ ワタル
安達 航 
不動産業を通じ、石岡市、かすみがうら市、土浦市、つくば市周辺地域の発展に貢献していきたいと思っています。ひとりでも多くの方にワクワク楽しく暮らしていただけるよう奮闘しております。 私のモットーは、お客様のお話をじっくりと聞かせていただき、気持ちに寄り添った提案を心がけることです。不動産の売却・購入・買取・住宅ローン等の相談・不動産コンサルティング、資産活用のご提案、空き家問題、相続の相談などお気軽にお問い合わせください。
arrow_upward