株式会社キャピタルトラスト
9:00~18:00
無休
2020年07月04日
ブログ

マイナポイントとは? 9月からの「キャッシュレスでお得」

2020年9月1日から「マイナポイント」がスタートするようです。
政府もマイナンバーカード普及を普及させるためにポイント作戦で挑んできてるようです。

ちなみ私は、マイナンバーカードを2015年に作成しましたが、2020年5月まで一度も使うことはありませんでした。通知カードで事足りてるという実感です。しかしながら、1人10万円給付される「特別定額給付金」をオンライン申請で5月1日にしたところ、最短の5月14日に50万円が銀行口座に振り込まれていました。せっかくの国が作った制度なので、文句は言わずに、とりあえずやってみるというのが私のモットーです。


マイナポイントは、2020年9月から2021年3月までの7カ月間実施されるものです。キャッシュレス決済サービスを提供する決済事業者を通じて、チャージ、または買い物に対して、25%の“プレミアム”が付与されます。上限は1人5000円相当。家族5人で25000円??


マイナンバーカードを取得して、所定の設定とキャッシュレス決済サービスを選ぶだけで、最大で5,000円相当のポイント付与というのはお得ですよね。キャッシュレス決済サービスは、クレジットカードやデビットカード、Suicaなどの電子マネー、PayPayなどQRコード決済など沢山ある中から「どれかひとつ」を選択します。



<注意点>
マイナポイント対象となるのは9月以降のチャージや決済 です。7月時点は“申込み“の開始で、9月より前にチャージや決済をしてもマイナポイントは付与されないようです。

1、マイナンバーカードを取得しよう

一番重要なのはマイナンバーカードの取得ですね。1人10万円の「特別定額給付金」オンライン申請でも活用されたマイナンバーカードですが、申込みから取得までは、約1カ月かります。9月のマイナポイント開始まであと2カ月程度ありますので、早めに申請し、取得しておきましょう。スマホからでも申請できますので確認してみてください。

私は既に持っているのでラッキーでした!!

2、マイナポイントを取得しよう

マイナポイントの予約は、「マイキーID」という専用のIDを設定するもの。スマホの場合は、「マイナポイント」アプリをダウンロードしてマイナンバーカードを読み取り、パソコンの場合はICカードリーダーを使ってマイナンバーカードを読み取って、4桁のパスワード(暗証番号)を入力。


私の場合、スマホケースを付けたまま3回トライしましたが認識できず、外してみたら問題なくマイキーIDを取得できました。

3、マイナポイントを申し込もう

130以上の決済事業者の中からご自身が使っているものを選択するば申込完了です。
あとは9月以降に決済やチャージをすればお得になります!


基本的にはよく使うクレジットカードやQRコード決済、電子マネーなどを選べばよいと思います。ただし、 どれかひとつ を選ぶため、各決済事業者が自社サービスに登録してもらえるようキャンペーンなどに力を入れています。時間があればご自身で確認してみてください。


「どれがお得か、どれが使いやすいか」は、自分の使い方や行動範囲などをよく考えた上で決めましょう。一度マイナポイントに決済サービスを登録すると、 変更はできないようです。

arrow_upward